雑盛り部

生活や美容,人間関係など役立つ情報を盛りだくさんでお届けします♪

髪の毛

自分で簡単にセルフカラー!髪の毛を染める時のコツ

投稿日:

消費税も10%になって、美容院で髪の毛を染めるのも懐に痛い!という方もいるのではないでしょうか?

ププリン的には美容院で髪の毛を染める時の時間的拘束がなんとも苦手です(-_-;)

あと染めている間に話しかけていただく事もあるんですが、すごく苦手なんです…。

美容院だと途中でお手洗いに行きたい…となったら大変面倒な事になるし、美容師さんに伝えるのも恥ずかしい!

2時間くらいかかる時間を家で自分で染めるなら何かできますよね?

でもセルフカラー初心者さんや染め慣れていない人は何かと自分で髪の毛を染めるのに不安を感じているかもしれません。

そこで今回は、自宅で手軽にセルフカラーをするやり方やコツをご紹介します。

カラーリング剤それぞれの種類の特徴やメリット、デメリット、色持ち期間もまとめているのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク




カラーリング剤の種類とメリット・デメリット

髪の毛を染める時に市販で手に入るものは、

  • ヘアカラー
  • ヘアマニキュア
  • ブリーチ

大体この3種類ですよね。

パッケージの説明にも書かれているので、どれなんだろう?と思ってもよく見れば書いています。

ではそれぞれの特徴やメリット・デメリットを見てみましょう。

種類によっては色持ち期間や傷み方も違うので、好みによって選びましょう。

*ヘアマニキュア

特徴:メラニン色素を分解しない。髪の表面に近い部分で色がつき、髪の毛をコーティングする。

メリット:髪の毛の葉面が保護されているので、傷みにくい

デメリット:鮮やかな色は出にくい。色が落ちやすい。

色持ち期間:約4週間ほど

カラー剤:1剤のみ

*ヘアカラー

特徴:ブリーチをしながら髪の毛に色を入れていく。色が抜けるとブリーチしたような感じになる。

メリット:色がきれいに出やすい。髪色が長持ちする。

デメリット:髪の毛がブリーチと同じように傷みやすい。

色持ち期間:約2カ月

カラー剤:1剤と2剤を混ぜて使う

*ブリーチ

特徴:髪内部のメラニン色素を分解して色を入れる。染色ではなく、脱色。

メリット:元の髪の色を脱色するので、色落ちすることがほとんどない

デメリット:他のカラー剤よりも髪の毛が痛みやすい

色持ち期間:新しい髪の毛が生えてくるまで。

カラー剤:1剤と2剤を混ぜて使う

自分で髪の毛を染める時に失敗しないために気を付けること

美容院でカラーをしてもらう場合は、プロにお願いするので失敗や想像と違う事はあまりありませんが、自分でカラーするとなると注意しなければいけないことが何点かあります。

*髪の毛をブロッキングする

けっこう適当に思っている髪の毛のブロッキングですが大事です。

髪の毛の内側や襟足、もみあげ部分はブロッキングしないと色ムラができてしまいます。

染まりにくい部分でもあるもみあげ・えりあし・毛先・白髪がある部分は難しいです。

ブロッキングは全体で6~8か所くらい細かくしていくとやりやすいですよ。

染める順番は、

①えりあし

②髪の毛の根元

③後ろ髪の毛先に塗って、根元

④耳付近の毛先⇒根元

⑤前髪

⑥塗り残しがないかチェック

*室温の調節

髪の毛を染める時には室温が約20度~25度くらいになっているのがベスト。

暑すぎても、寒すぎても色ムラができてしまう原因になります。

カラー剤は暑すぎると反応しすぎてしまうし、寒すぎると反応しないので、思い通りの色になりにくいです。

特に冬場は部屋の温度が低くなってしまうので部屋の温度のチェックを忘れないように!

*カラー剤は余裕をもって準備すること

染めている最中にカラー剤が足りない!って状態になったら悲惨です。

カラー剤がついていない、足りない部分は当然、髪の毛がうまく染まりません。

ムラになってしまった髪の毛はかっこ悪いですよね。

箱には目安の量が記載されているので、ギリギリだな…と思ったら余分にもう1箱買っておきましょう。

特に髪の毛が長い人や髪の毛量が多い人は気をつけましょうね。

*整髪料がついた髪には使わない

ムースやワックスなどのスタイリング剤やトリートメント剤を髪の毛につけたままだと、カラー剤が髪に入っていきにくいです。

髪の毛を染める!と思った日は、髪の毛に何もつけていない状態のお休みの日なんかがいいですよ。

*生理中には使用しない

パッケージに入っている説明書にも書いてありますが、生理中には使用しないようにしましょう。

染まり方が違います。

またホルモンバランスが崩れやすいので、いつもは肌トラブルなんて起きないのに!って事が起こりえます。

頭皮も肌と同じですので、市販の強いカラー剤を使う事で頭皮がかぶれたり、赤くなったり、かゆみが出たりする可能性があります。

思ったような仕上がりを期待するなら、生理後にした方がきちんと染まります。

特に生理後10日ほど経ったころだと生理中の低体温から徐々に体温が上昇しはじめるのできれいに染まりやすいです。

*薬剤を落としたらシャンプー・コンディショナー

指定の時間放置した後は、カラー剤を落としていきます。

目に入らないように気をつけましょう。

お湯でカラー剤が残らないようにしっかりまずはすすぎをします。

カラー剤をしっかり落とした後は、優しくシャンプー・トリートメントをしましょう。

*洗ったまま放置しない!すぐに乾かす

最近のカラー剤は洗い流さないトリートメントがセットでついていることがありますよね?

付属でついているトリートメントには、カラー剤がすぐに落ちてしまわないようにする効果もあるので、必ずつけてからドライヤーをかけていきます。

この時、洗った後に乾かさず髪の毛を濡れたまま放置するのはNGです。

濡れたまま放置してしまうと、色落ちの原因になります。

洗った後は素早く洗い流さないトリートメントをつけて、ドライヤーで乾かしましょう。

ヘアカラーの色選びはこう決める!

髪の色を変える時ってどの色にするのか迷ってしまいませんか?

レッド系やブラウン系、グリーン系なんかもありますよね?

暗めの色が似合うのか、明るい色が似合うのか…

目安としては、

太くてかたい髪質:染めたい色よりも明るい色のカラー剤を選ぶ。またレッド系の色を選ぶとなじみやすい。

細くて柔らかい髪質:ライトブラウン系を選ぶと違和感がない

白髪がある人:明るい色を選ぶと、白髪が悪目立ちすることがあるので明るすぎない色にするとよい

パッケージの側面に元の髪色からカラー剤を使った時のイメージ写真が載っているので、参考にしてみるといいですね。

まとめ

さて、今回は自宅で簡単に髪の毛を染める時に気を付ける事についてご紹介しました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




関連記事

知らないうちに髪の毛を痛める習慣とは?

髪の毛は女性の命といいますが、男性でも髪の毛は大事です。 髪の毛が痛むことで抜け毛や枝毛、切れ毛、ハゲ、髪の毛の広がり、ツヤがなくなる原因ともつながります。 やはり見た目の印象というのは大切です。 王 …

ハードスプレーの使い方

固めるだけじゃない!ハードスプレーのもっと上手な使い方

ヘアスタイルのセットにハードタイプのヘアスプレーを使う時があると思います。 ただ、ハードスプレーって固める時にだけ使っていませんか? 実は固める以外にも髪の毛のボリュームを出したり、抑えたりにも使える …

髪の毛の悩み上位でもある「白髪」は抜いてもいいの?

髪の悩みといえば抜け毛やくせ毛、白髪が多いですよね。 一般的には男性では抜け毛の悩みが多く、女性では白髪の悩みが多いそうですよ。 白髪を見ると気分が落ち込みますよね? でも白髪って抜くと増えると聞くし …

頭がくさい…頭皮の臭いを改善する方法

シャンプーをしているのに、なぜか頭がくさい… 指で頭皮を触った後にニオイを嗅ぐと臭い… そんな人はいませんか? 実は、頭皮がにおう原因や頭皮が汚れている事で起きる症状、頭皮のにおいを改善する方法をご紹 …

切りすぎた!髪の毛を早く伸ばす方法

せっかく髪の毛を切ったけど気に入らなくて早く伸びないかなぁ ついうっかり前髪を切りすぎてしまってかっこ悪い 好きな人が髪の毛が長い人が好きだった! 等など… 髪の毛を早く伸ばしたーい!というお悩みはあ …

-髪の毛
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめまして、こんにちはププリンです♪
美容やダイエット、人間関係や恋愛ネタ大好きの雑学マニア

趣味はyoutubeを見る事!
好きなチャンネルは「プリっとチャンネル」
最近、地上波見ていないので芸能人にウト過ぎてます(-_-;)