雑盛り部

生活や美容,人間関係など役立つ情報を盛りだくさんでお届けします♪

髪の毛

固めるだけじゃない!ハードスプレーのもっと上手な使い方

投稿日:

ヘアスタイルのセットにハードタイプのヘアスプレーを使う時があると思います。

ただ、ハードスプレーって固める時にだけ使っていませんか?

実は固める以外にも髪の毛のボリュームを出したり、抑えたりにも使えるんです!

今回は、ハードタイプのヘアスプレーの上手な使い方についてご紹介します。

いつもヘアスプレーを買ってはみたけど、いつまで経っても量が減らない、使い道がわからない…と感じている人はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク




ガチガチに固めるだけじゃない!ヘアスプレーの特徴

ハードスプレーの使い方

ムースやワックスのみを使った時のヘアスタイルは、セットしてすぐならお好みの形になっていると思いますが、時間が経つとボリュームがなくなったり、ぺしゃんこになったりして崩れてきます。

ハードスプレーはムースやワックスと違って固定することに特化しているので、仕上げとして主に使われています。

でもハードタイプのヘアスプレーを

  • 髪の毛を固める
  • 仕上げのセットに使う
  • 巻いた後の髪の毛をキープするため
  • 逆毛を立てるため

だけに使うのはもったいないです!

実はハードタイプのスプレーは固めるだけではないんです。

ハードスプレーのもっと上手な使い方

ヘアスプレーの使い方

一部分だけ固まってかっこ悪い~を改善する方法

ハードスプレーをつけすぎると、固めすぎたり、ごわついて見えるため不自然なセットになってしまいます。

たくさん一部分に吹き付けるというよりも、少しの量を全体的に使うほうが固まりすぎず自然に見えますよ。

また一部分に使うよりも、広範囲に使うほうが全体的に崩れないのでヘアスタイルを長持ちさせることができます

毛先のみに使いたい場合の使い方

一部分のみに使うと先ほど固まりすぎて不格好になると伝えましたが、どうしても毛先だけに動きが欲しくて固めたい!

そんな時には、毛先を一つまみして束ごとにスプレーしていくと、自然な感じで毛先のみをセットすることができます。

髪の毛のボリュームを抑えたい時の方法

髪の毛の量が多い人やくせ毛の人にとっては、梅雨時期に髪の毛が広がって大変…という気持ちになったことがあるとおもいます。

そんな時には、髪の毛の内側と外側両方に軽く全体的にスプレーし、スプレーが乾くまでコームで梳かしていると髪の毛のボリュームを抑えることができます

乾いてからコームで梳くと白い粉が出てくるので、乾くまでにしましょう。

髪の毛にボリュームを出したい時の方法

逆に髪の毛のボリュームを出したい時には、髪の毛の根元にスプレーするとボリュームを出す事ができます

ただし、地肌にスプレーすると毛穴詰まりの原因にもなるので気を付けましょう。

ピンポイントでクセ付けしたい時に使える方法

前髪や少しハネた感じが欲しい時にスプレーを吹き付けてしまうと、量が多い場合があります。

そんな時には指3本(人差し指・中指・親指)にスプレーして、クセ付けしたい場所にピンポイントでセットするだけ。

クシャッとした無造作ヘアを作る方法

ラフな感じのクシャ髪を作りたい!そんな時には、髪の毛全体にハードスプレーを軽く吹き付けます。

次に乾かないうちに手でつかむようにしてセットすると無造作ヘアの完成。

結んだゴムやカチューシャの落下を防ぐ方法

髪の毛の滑りがよくて結んだゴムが落ちてくる場合やカチューシャが滑って落ちてくる時にもハードスプレーは使えます。

髪の毛の結び目やカチューシャをつける場所に一拭きするだけ!

ハードスプレーがゴムやカチューシャを固定してくれるので、落下を防いでくれます。

ハードスプレーで固めた後にいじったら白い粉が出るの対処法

ハードスプレーのデメリットな点は、固めた所をクシで触ったり、手で触ったりすると白い粉が出るということ。

乾いた後に手直しをしようとして触った時に粉が出てしまうと、髪の毛が汚くなりますよね。

粉を出さずに手直しをする方法は、必要な部分だけを少し濡らすだけ!

濡らした部分が柔らかくなり、手直しができるようになります。

取れない!?ハードスプレーを洗い落とし方

ハードスプレーを使った後って、触るとゴワゴワしているし、ブラシも通らない感じですよね。

いつも通りにシャンプーしたとしても、なんかごわつき感が残っているような…

ハードスプレーを使った後の洗い落とし方はどうすればいいのかというと、

  1. たくさんのお湯を使って固まった部分をまずはほぐす
  2. 手櫛で髪の毛を梳きながらスプレーをかけた部分をほぐす
  3. 普段よりも多く取ったシャンプーを泡立てて、丁寧にもみ洗いする
  4. 必要なら2度洗いする

これでかなりガッチガチに固めていない限りは落ちますよ。

ガチガチに固めている場合は、①のすすぎの段階で柔らかくしておくことがポイントです。

ヘアスプレーを使う時の注意点

*髪の毛から30センチは離して使う

ハードスプレーを使う時に気を付けなければいけないのが、スプレーを地肌に直接かける事です。

頭皮にハードスプレーを使うと毛穴にハードスプレーの成分が入り込んでしまうので、老廃物が毛穴から出てこれずに溜まってしまいます。

汚れが溜まってしまうと髪の毛の抜けや栄養が行きわたらないので切れ毛の原因にもなってしまいます。

ヘアスプレーを使う時には、ハードスプレー等問わずに頭皮に直接つけるのはやめて、髪の毛から30㎝くらい離して使いましょう。

*ヘアアイロンを使う場合は、スプレーの前!

ハードスプレーを使う時は、ヘアアイロンやコテを使った後の仕上げに使います。

ハードスプレーを使用した後にヘアアイロンやコテを使うと髪の毛がカリカリになってしまうし、髪の毛に余計なダメージを与えてしまいます。

ハードスプレーで少し濡れている状態なら高温のアイロンで挟むことで、髪の毛が焼けてしまうのでさらに傷み度はアップしますよ。

*火器の側では使わない

ヘアスプレーは高圧ガスを使っている可燃性の商品です。

ストーブやコンロの近くで使うと、火炎放射器のようになって火事やヤケドを負ってしまうのでかなり危険です。

それに火元や電気ストーブなどの近くにスプレー缶を置いておくと、缶が爆発する可能性があります。

40度以上になりそうな場所には絶対に置かないようにしましょう。

まとめ

さて、今回はハードスプレーのもっと上手な使い方についてご紹介しました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




関連記事

自分で簡単にセルフカラー!髪の毛を染める時のコツ

消費税も10%になって、美容院で髪の毛を染めるのも懐に痛い!という方もいるのではないでしょうか? ププリン的には美容院で髪の毛を染める時の時間的拘束がなんとも苦手です(-_-;) あと染めている間に話 …

知らないうちに髪の毛を痛める習慣とは?

髪の毛は女性の命といいますが、男性でも髪の毛は大事です。 髪の毛が痛むことで抜け毛や枝毛、切れ毛、ハゲ、髪の毛の広がり、ツヤがなくなる原因ともつながります。 やはり見た目の印象というのは大切です。 王 …

切りすぎた!髪の毛を早く伸ばす方法

せっかく髪の毛を切ったけど気に入らなくて早く伸びないかなぁ ついうっかり前髪を切りすぎてしまってかっこ悪い 好きな人が髪の毛が長い人が好きだった! 等など… 髪の毛を早く伸ばしたーい!というお悩みはあ …

頭がくさい…頭皮の臭いを改善する方法

シャンプーをしているのに、なぜか頭がくさい… 指で頭皮を触った後にニオイを嗅ぐと臭い… そんな人はいませんか? 実は、頭皮がにおう原因や頭皮が汚れている事で起きる症状、頭皮のにおいを改善する方法をご紹 …

髪の毛の悩み上位でもある「白髪」は抜いてもいいの?

髪の悩みといえば抜け毛やくせ毛、白髪が多いですよね。 一般的には男性では抜け毛の悩みが多く、女性では白髪の悩みが多いそうですよ。 白髪を見ると気分が落ち込みますよね? でも白髪って抜くと増えると聞くし …

-髪の毛
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめまして、こんにちはププリンです♪
美容やダイエット、人間関係や恋愛ネタ大好きの雑学マニア

趣味はyoutubeを見る事!
好きなチャンネルは「プリっとチャンネル」
最近、地上波見ていないので芸能人にウト過ぎてます(-_-;)